閣僚

今週の市場スケジュール☆

大臣(だいじん)は、行政機関の代表で、内閣の構成員である。閣僚とも。

各行政機関の長を「○○大臣」(○○はその行政機関名)と訳す。

たとえば、イギリスの「Secretary of State for Defence」はイギリスの「国防大臣」と訳す。なお、日本の「防衛大臣」(国務大臣)は、「Minister of Defense」と英訳する。日本の「国務大臣」の英訳は「Minister of State」、大臣名の英訳は「Minister」で統一されている。

ただし「臣」とは「君主の家来」を意味し、君主制国家ならともかく、共和制国家における行政機関の首脳としては、「大臣」は適切な日本語訳とは言えない。しかしながら慣習的に現在も使われている。また、君主制、共和制に限らず「相」と訳される場合も多い。「相」には「(君主の政治を)たすける、補佐する」という意味がある。

ただし内閣の長の場合は「首相」が訳語として多く用いられ、たとえばイギリスの「Prime Minister」は「イギリスの首相」、イタリアの「Presidente del Consiglio dei Ministri」は「イタリアの首相」と訳される。「総理大臣」は日本の内閣の長にのみ用いられるのが普通である。

アメリカ合衆国に限っては、「Secretary of Defense」は「アメリカ合衆国国防長官」と訳すように、古くより「長官」が訳語として用いられている。

出展:Wikipedia

本当に役に立つ投資テクニックを紹介☆


金融株式投資情報TOP