水:ゆいの一喜一憂

(2005/11/02)

最終回:ヤフーその?

日経225すべての銘柄がS安に張り付いている・・・・・・

2001年9月12日午前9時30分・・・

寄り付きから怒涛の1億5千300万株の売り越し・・・こんなの見たことない。

頼みの年金や信託銀行、生保は金縛り状態で動くことが出来ない。

特に米系の生保は保険金の算出予測でそれどころじゃないだろう。

パッシブ運用もアクティブ運用も、ファンドのシステムはストップロスオーダーの連鎖で建て直しがきかない。

個人の投げ売りがこれに追い討ちをかける。さらに投信の解約が数千本とは・・・

『これじゃ対応しきれません!』

『ゆい!しっかりしな。今あんたに出来ることをやるの!いい?』

投信の解約電話が鳴り止まないのだ。

そんな泣き言を言ってる場合じゃないのはわかっている。

皆、分ってはいるが、この流れを変える事は出来ない。どうしようもなかった・・・

真優子
『約定しない!どうしよう。まじヤバイよ』

ゆ い
『うち(証券の自己売買部門)のバスケットに入れてもらう事って、出来ないのかな?』

真優子
『!・・・聞いてみる!』

大口プレーヤーの御客様の売り注文が約定しないのだ。このままでは、億の損失が出てしまうお客様もいる。

皆、必死だった。頼むから約定してくれ・・・

『いよいよ17年ぶりだぞ・・・』
上司が言った。

東京市場の日経平均株価が1万円の大台を割るのは17年ぶりの事らしい。

当時レジスタンスラインとして機能していた1万円を、あっさりブレイクしてしまった精神的影響は計り知れない。

日経平均株価は、現物が値幅半分の臨時措置がとられたものの、9,610円。

日経225先物はもっとひどかった。

ストップ安の9,320円。前日比マイナス1,000円という特売り気配で終わった・・・

そう言えば、ヤフーは?どうなったろう?私はモニターを見た。

『255万か・・・・・・よく頑張ったね・・・』

涙が止まらなかったよ。

ヤフーの株価をみたからではないぞ。そんな事はどうでも良かったさ。

昨日からの張り詰めていた想いが、この瞬間、ふっと切れたのだ。

そう言えば、一睡もしてないじゃん・・・

私が、その後、ヤフーをどうしたかと言うと、売らなかった。・・・と言うより社内規定で売れなかったのだ。

おかげで、5回の分割を経験する事ができたのだが....

その間にいろいろな物が贈られてきたな〜♪

最初は、ヤフーのマウスパッド(写真が入るやつ)

次は、ぶ太いヤフーボールペン(会社の先輩がウルトラマンみたいだと言っていた)

サイケなカラーの腕時計もあったし、ワイングラスもあったね(これが一番マシだったかな)。

でもね、第2のヤフーには、いまだに出会っていない。きっと、これからも出会えないだろう・・・

ヤフーはその名の通り、『暴れ馬』でいて欲しかったさ。東証1部に鞍替えしてほしくなかった。

最後に、とても印象的なヤフー掲示板のカキコを張り付けておきます。

どんな銘柄であろうと、もう2度と、こんなカキコには出会うことは出来ないだろう・・・これ↓

正式におめでとう

1億140万円で値がつきました!おめでとうございます!ただ、今の買い気配が9,940万円とすかさず利食い売りの動きが出ていますよ。注意してくださいね。

私はこのカキコの1年8ヶ月後、ヤフー株と出会うことになるんだね・・・♪ 

おわり 

過去の日記 
最終回:11月2日
第14回:10月26日
第13回:10月19日
第12回:10月12日
第11回:10月5日
第10回:9月28日
第9回:9月21日
第8回:9月14日
第7回:9月7日
第6回:8月31日
第5回:8月24日
第4回:8月17日
第3回:8月10日
第2回:8月3日
第1回:7月27日

ゆいさんって?

ゆいの一喜一憂TOP


金融株式投資情報TOP