金:バブルのエピソード

(2006/09/15)

バブルは繰り返す

日経平均株価は、1989年12月の大納会において、38,915円という史上最高値を記録。その後17年が経過しようとしています。当時を振り返って、「バブル」という言い方をしていますが、バブル時代は終わったのでしょうか。

確かに、土地や株、円が右肩上がりを続け、昨日よりも今日、そして今日よりも明日のほうが確実にHappyになるように思えた時代。そんな時代はもう来ないかもしれません。

しかし、2000年当時のヤフー株1億円に代表される「ITバブル」、昨年の夏から年末までの新興市場の上昇相場、また、IPO市場は、本日のミクシィ上場でも見られるように、公募価格を大幅に上回る価格での初値が後を絶ちません。

これらも、みなバブルといえるのではないでしょうか。

多くの人が、欲と期待に振り回される・・・そして失望。歴史は繰り返されます。

次はどんなバブルが待っているのでしょうか。そしてこの先も、何度となくバブルにつきあわされていくのでしょうか。

マーケットはいつもそれらを楽しむかのように受け入れてくれるのです。

過去のエピソード
最終回:9月15日
第57回:9月8日
第56回:9月1日
第55回:8月25日
第54回:8月18日
第53回:8月11日
第52回:8月4日
第51回:7月28日
第50回:7月21日
第49回:7月14日
第48回:7月7日
第47回:6月30日
第46回:6月23日
第45回:6月16日
第44回:6月9日
第43回:6月2日
第42回:5月26日
第41回:5月19日

≫≫以前のバックナンバー

SMAって何もの?

バブルのエピソードTOP


金融株式投資情報TOP