月:システムトレード講義

(2005/11/14)

参考文献の紹介

こんにちは。

おぢさん仕様システムトレード講義へようこそ!!

昨今、デイトレードがブームとなっていますが、これからデイトレードを始めようとする皆さんの中には、用語が難しいと感じる方も多いと思います。出版されている本も無数にあり、色々な取引手法があり、あれもコレも手をつけて結局何をやったらいいのかわからなくなっている人もいることでしょう。

その中でシステムトレードという耳慣れない言葉も聞くことかと思います。システムトレードとは実際にヘッジファンドに利用されている取引手法のうちの一つです。

難解な専門用語ばかりで一般の方にはわかりにくいと感じるかもしれませんが、実はものすごく簡単な仕組みでできるものなのです。

このコーナーではそのような手法を解明するとともに皆さんの投資教材の一つに加えていただければと思っております。

もしどの方法で儲けたらいいのかわからない人がいれば取引手法を一つに絞って、そしてそれを極めてみてください。

世界には長期投資、短期トレード、スイングトレードなど、どの分野でも儲けている方は必ずいらっしゃいます。それはビジネスの世界において業種によらず儲けている人は儲けているという考えと似ていることだと思います。

すなわち、どんな方法でも儲けることが可能なのです。このコーナーではトレーディングシステムのみを取り扱い、その説明をしています。

あなたがこの方法で何かつかめそうだと感じたのならこのまま読み進んでいってほしいと思います。

さて、まず初めに・・・

軽く参考文献の紹介をします。これらの本は実際私が手に取り読んだことのある本です。

「Cybernetic Trading Strategies」
By Murray A. Ruggiero

最近読んだ本の中では随一です。システムトレードの本といっておきながらテクニカル分析の説明だけで終わっている本が多い中、この本は全うなシステムトレードの本です。

トレーディングシステムのノウハウがぎっしり詰まっています。Ruggieroはニューロシステムが得意のようですね。まだ日本語訳も出回っていない(と思います)ので大変貴重だと思います。

いちおし!!

「TFブレイクアウト」
By トウキョウフォックス

パンローリング発行のシステムトレードの本です。訳本が多い中、このような純和製のものをじっくり読むべきだと思います。

新品でも中古でも本の内容は同じです。お目当ての本はヤフーオークション、ブックオフで探してみてください。コストは出来る限り削減しましょう。

本稿執筆するにあたり、執筆者の意気込みを語りたいと思います。題名が「システムトレード講義」となっておりますが、私はシステム作成の経験は多少ありますが先生という立場にたつほどの経験もありませんし、教える技量があるわけではありません。

あくまで講義という形にしたのは、講義という実況中継の要素を取り入れたいという意図からです。講義途中の質問もバンバン受け付けます。

人生を削って書き上げますので乞うご期待ください。

対象者:
その辺のおじさん〜サラリーマンながら長者番付1位を獲得した某氏レベル

目的:

1:システムトレードを使って取引をする

2:簡潔かつ奥深い内容にする

3:儲ける

本日は以上です。

過去の講義
第1回:11月14日

システムおぢさんって?

☆システムおぢさんへの質問メールはコチラへ
※質問メールは編集部が責任を持ってシステムおぢさんにお届けしますが、お返事を保証するものではありません。

システムトレード講義TOP


金融株式投資情報TOP