月:システムトレード講義

(2007/11/26)

シンガポール・日経225先物

日経225先物は海外でも取り扱われています。そのうちで、有名なものの一つがシンガポール取引所の日経225先物です。

直近では、今月19日に日経ミニの上場が話題となりました。

もともと、シンガポール日経先物は、刻み幅は5円で、倍率は500倍、大阪証券取引所の日経225先物と比べると少しサイズが小さいというイメージです。出来高も大証ほどは多くありませんでした。日経ミニは大証のそれと同じ、刻み幅は5円で、倍率は100倍です。

現在のセッションでは日本時間の午前8:45〜11:15、午後12:15〜15:30、夕場16:30〜20:00となっています。

通常時間で、大証より15分早く始まり、終了は20分遅くですし、夕場(イブニングセッション)も1時間の余裕があります。夕場の導入も日本より早くされていました。

過去に幾度とシンガポール日経225先物の取引時間が変更されたことがありますね。

マーケットは常に変わっていくものですが、こういった変更事項も必ずシステムトレーダーにとって影響してきます。マーケットの歴史を分析し、新しい情報にアンテナを張り巡らしていくことが重要となります。

シンガポール取引所では過去にシステム障害が起き、午前中の取引がないこともありました。こういうことは滅多にありませんが、このような取引所のシステムリスクもありますので、トレーダーは様々なリスクを常に想定しておかなくてはいけません。

本日は以上です。

過去の講義
第98回:11月26日
第97回:11月19日
第96回:11月12日
第95回:11月5日
第94回:10月29日
第93回:10月22日
第92回:10月15日
第91回:10月1日
第90回:9月24日
第89回:9月10日
第88回:9月3日
第87回:8月27日
第86回:8月20日
第85回:8月13日
第84回:8月6日
第83回:7月30日
第82回:7月23日
第81回:7月9日

≫≫以前のバックナンバー

システムおぢさんって?

☆システムおぢさんへの質問メールはコチラへ
※質問メールは編集部が責任を持ってシステムおぢさんにお届けしますが、お返事を保証するものではありません。

システムトレード講義TOP


金融株式投資情報TOP