Morning Report:18/12/15

<前日株式市場>

日経平均株価
始値:21,638.96
高値:21,751.31
安値:21,353.94
終値:21,374.83(-441.36)
出来高:18億株
売買代金:3.1兆円

日経先物・オプションSQ値:21,618.88
日経先物(night):21,220

金曜日の東京株式市場は、前日までの連騰の反動や週末要因などから利益確定売りに押され、時間外取引で米株価指数先物や中国・上海総合指数の反落が重しとなり、下げ基調を強めました。日経平均株価は、400円超の下げ幅を記録し、3日ぶりに大幅反落となりました。ナイトセッションの日経先物は、続落しました。

<金利/為替>

米10年国債:2.890(-0.020)
日10年国債:0.025(-0.025)
日米金利差:2.865(+0.005)
$/円:113.35


週末の海外市場の円相場は、11月小売売上高が予想を上回り米国経済への自信がいったん回復しましたが、中国や欧州の低調な経済指標を受けた世界経済への懸念は払しょくできず、株安に連れたリスク回避の円買いが加速しました。外為市場は、113円台半ばで推移しています。

<海外株式指標>

NYDOW:24,100.51(-496.87)


NASDAQ:6,910.67(-159.67)


CME日経先物:21,225

週末のNY株式市場は、中国の11月鉱工業生産や小売売上高の伸び鈍化や、ユーロ圏の12月総合購買担当者指数(速報値)の低下を受けて、世界経済の減速懸念が広がったことに加え、原油安や米長期金利の低下が嫌気され、終日大幅に下落しました。NYダウは、3日ぶりに反落し、NASDAQは、2日続落となりました。CME日経先物は、21,225円で引けました。

これまでのMorning Report一覧はコチラ(会員専用)
金融株式投資情報TOP