Morning Report:17/09/21

<前日株式市場>

日経平均株価
始値:20,301.33
高値:20,339.37
安値:20,272.82
終値:20,310.46(+11.08)
出来高:17億株
売買代金:2.7兆円

日経先物(night):20,270

昨日の東京株式市場は、FOMCの結果公表を控え、積極的な売買は見送られたものの、原油高を背景に石油・資源株や、出遅れ感の強い証券株や建設株が相場をけん引しました。日経平均株価は、小幅ながら3日続伸し、連日の年初来高値更新となりました。ナイトセッションの日経先物は、反落しました。

<金利/為替>

米10年国債:2.260(+0.020)
日10年国債:0.030(+0.000)
日米金利差:2.230(+0.020)
$/円:112.42


昨日の海外市場の円相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を受けて米連邦準備理事会(FRB)が12月に利上げに踏み切るとの観測が強まり、$が買われました。今朝の外為市場は、112円台半ばで推移しています。

<海外株式指標>

NYDOW:22,412.59(+41.79)


NASDAQ:6,456.04(-5.27)


CME日経先物:20,280

昨日のNY株式市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)による10月からの保有資産の縮小発表を受け、年内の追加利上げ観測の高まりを背景に長期金利が上昇し、金融株が上昇したほか、原油先物価格の上昇で資源関連銘柄も買われました。NYダウは、9日続伸し、連日の史上最高値を更新。NASDAQは、4日ぶりに反落となりました。CME日経先物は、20,200円台後半で推移しています。東京市場は、やや弱気のスタートが予想されます。

これまでのMorning Report一覧はコチラ(会員専用)
金融株式投資情報TOP