Morning Report:18/10/23

<前日株式市場>

日経平均株価
始値:22,374.21
高値:22,672.25
安値:22,271.59
終値:22,614.82(+82.74)
出来高:11億株
売買代金:2.1兆円

日経先物(night):22,470

昨日の東京株式市場は、前週末の米ハイテク株安を受け、序盤は売り圧力が強まりましたが、売り一巡後は、円安や中国・上海総合指数の上昇に加え、日銀のETF(上場投資信託)期待を支えに、強い戻りを見せました。日経平均株価は、3日ぶりに反発となりました。ナイトセッションの日経先物は、反落しました。

<金利/為替>

米10年国債:3.190(+0.000)
日10年国債:0.145(取引なし)
日米金利差:3.045(+0.000)
$/円:112.82


昨日の海外市場の円相場は、予想を下回った米国の9月シカゴ連銀全米活動指数を受けて、$売りが優勢となりましたが、対欧州通貨での$高に連れ$買い・円売りが優勢となりました。今朝の外為市場は、112円台後半で推移しています。

<海外株式指標>

NYDOW:25,317.41(-126.93)


NASDAQ:7,468.62(+19.60)


CME日経先物:22,475

昨日のNY株式市場は、中国株の上昇を受けて買いが先行しましたが、7-9月期決算発表を見極めたいとの思惑や、トルコ政府の発表を明日に控えてサウジアラビアを巡る地政学リスクへの警戒感から上げ幅を縮小し、IT株が上昇し、金融株が下落しました。NYダウは、2日ぶりに反落し、NASDAQは、4日ぶりに反発となりました。今朝のCME日経先物は、22,400円台半ばで推移しています。東京市場は、弱気のスタートが予想されます。

これまでのMorning Report一覧はコチラ(会員専用)
金融株式投資情報TOP