◆誰もが知りたかった投資テクニック

(2010/06/14)

内閣で期待される銘柄とは

6月8日に発足した内閣内閣誕生により、株式市場にどのような影響を及ぼすのか、どんな銘柄に期待できるのか、取り急ぎまとめてみます。

首相は、11日の所信表明演説において、財政再建と経済成長の両立を訴えましたが、これに先立ち、経済産業省から「産業構造ビジョン2010」が発表されています。
(「産業構造ビジョン2010」は経済産業省HPに公開されています)

この中で、株式市場に影響がある部分を拾い出してみると、実は、かなり具体的に示されています。

その内容は、これまで日本経済を支えていた、グローバル4業種(輸送機械電気機械一般機械鉄鋼)、すなわち、自動車依存の「一本足構造」を変革し、戦略5分野の「八ヶ岳構造」に変えるべきとしているところです。

したがって、戦略5分野は、今後の成長を約束されたようなものでしょう。

それでは、その5つの戦略産業分野とは・・・

『新興国インフラ開拓』:原子力、水、鉄道等

『次世代エネルギー』:スマートグリッド、次世代自動車等

『社会課題解決サービス』:医療・介護・健康・子育てサービス等

『感性・文化産業』:ファッションコンテンツ、食、観光等

『先端分野』:ロボット、宇宙等

です。

ここにあげる、産業に関連した企業が、今後の日本経済を成長へと導き、株式市場における中心銘柄に育っていくことでしょう。

過去の投資テクニック紹介
■菅内閣で期待される銘柄とは
■意外と知らない人民元について
■第一生命保険上場の効果その2
■第一生命保険上場の効果
■相場の様相が変わってきた・・・
■日本株だけが取り残される
■リーマン・ショックから1年
■株式投資の始め方

≫≫以前のバックナンバー

★最新の投資テクニックはコチラ!

誰もが知りたかった投資テクニックTOP


金融株式投資情報TOP