Weekly Report:19/05/26

<先週のマーケット

5月20日-24日

日経平均株価

始値:21,305.97
高値:21,430.06
安値:20,922.00
終値:21,117.22
出来高:11-12億株
売買代金:1.9-2.3兆円

日経先物(night):21,130

先週の株式市場は、政府によるファーウェイへの輸出禁止措置などが懸念材料となり、貿易摩擦の激化・長期化への思惑から売り圧力が強まりました。日経平均株価は、週を通じて-132.87円(-0.63%)3週続落となりました。

<週末海外市場動向>

NYダウ:25,585.69(+95.22)


NASDAQ:7,637.00(+8.72)


US$/:109.29


CME日経先物:21,130

<今週の相場展開>

今週のマーケットは、対立が長期化するとの見方が広がるなか、方向感の乏しいこう着相場が続くと予想されます。日首脳会談を受け、大型補正予算や衆参ダブル選への思惑を通じて内需株への関心が高まるでしょう。週末の海外株式市場は、貿易戦争の過度な警戒感が和らぎ、NYダウNASDAQともに反発となりました。CME日経先物、22,130円で引けました。週明けの東京市場は、やや強気のスタートが予想されます。

新興市場は、外部要因に振り回されて不安定な地合いが続いています。IPOマーケットは、5/30(木)にバルテス(4442)がマザーズ上場を予定しています。約1か月ぶり、令和時代最初のIPOとして人気を集めるでしょう。

これまでのWeekly Report一覧はコチラ(会員専用)
金融株式投資情報TOP