Weekly Report:17/10/15

<先週のマーケット

10月9日-13日

日経平均株価

始値:20,680.54
高値:21,211.29
安値:20,663.08
終値:21,155.18
出来高:14-18億株
売買代金:2.3-3.2兆円

日経225オプションSQ値:20,957.62
日経先物(night):21,220

先週の株式市場は、国際通貨基金(IMF)が世界経済の成長見通しを上方修正するなど世界的な景気拡大を背景に、相対的に出遅れている日本株を見直す流れが強まりました。日経平均株価は、約21年ぶりに21,000円台を回復し、週を通じて+464.47円(+2.24%)5週続伸となりました。

<週末海外市場動向>

NYダウ:22,871.72(+30.71)


NASDAQ:6,605.80(+14.29)


US$/:111.82


CME日経先物:21,225

<今週の相場展開>

今週のマーケットは、衆院選の投開票を10/22(日)に控え、連立与党による議席過半数維持が見込まれるなか、「アベノミクス加速」への思惑が高まるでしょう。週末の海外株式市場は、底堅い経済指標やハイテク株の上昇を受け、NYダウは、史上最高値を更新したNASDAQとともに反発となりました。CME日経先物は、21,225円で引けました。週明けの東京市場は、強気のスタートが予想されます。

新興市場は、相場全体の先高感が高まるなか、出遅れ感の強いマザーズ銘柄にも物色が向かうでしょう。IPOマーケットは、PKSHA Technology(3993)など直近上場銘柄のセカンダリーが好調です。なお、今週の上場予定はありません。

これまでのWeekly Report一覧はコチラ(会員専用)
金融株式投資情報TOP