Weekly Report:17/12/10

<先週のマーケット

12月4日-8日

日経平均株価

始値:22,843.53
高値:22,864.33
安値:22,119.21
終値:22,811.08
出来高:13-20億株
売買代金:2.4-3.7兆円


日経先物オプションSQ値:22,590.66
日経先物(night):22,820

先週の株式市場は、週末にメジャーSQを控えるなか、トランプ政権の政局混乱や円相場に振り回され、乱高下を演じました。日経平均株価は、6日水曜日には今年最大の下げ幅を記録したものの、その後急速な切り返しを見せ、週を通じて-7.95円(-0.03%)とほぼ変わらずながら、3週ぶりに反落となりました。

<週末海外市場動向>

NYダウ:24,329.16(+117.68)


NASDAQ:6,840.08(+27.24)


US$/:113.48


CME日経先物:22,865

<今週の相場展開>

今週のマーケットは、外部環境が落ち着きを取り戻し、良好な景況感を背景とした先高期待が高まる展開となるでしょう。週末の海外株式市場は、雇用統計の上振れや政府機関閉鎖の懸念が後退し、NYダウは、史上最高値を更新し、NASDAQとともに続伸となりました。CME日経先物は、22,865円で引けました。週明けの東京市場は、強気のスタートが予想されます。

新興市場は、相場全体の地合い改善が好感されて、押し目買いや買い戻しの動きが強まっています。IPOマーケットは、先週上場予定のアトリエはるか(6559)が上場延期となりましたが、今週は10社が新規上場するIPOラッシュ。とりわけ、12/13(水)上場予定のSGホールディングス(9143)は、佐川急便を傘下に持ち、今年最大の案件となるため、要注目です。

これまでのWeekly Report一覧はコチラ(会員専用)
金融株式投資情報TOP