華僑・中国人投資ノウハウ「チャイナマネーを追え!」【第4章】:第1回

第4章:チャイナマネーが次に狙う先はここだ!

第1回

■中国人の投資気質

どのようにして、日本人が持つジャパンマネーをチャイナマネーに追随させればよいのでしょうか? そのためには、まず、チャイナマネーがどのような場所に向かう傾向があるのか、その投資特性について理解する必要があります。

チャイナマネーの投資特性を理解し、具体的な投資事例を知ることができれば、きっと自分で世界の投資状況を分析できるようになるでしょう。そして、チャイナマネーの動きに乗り、自信を持って海外分散投資が行えるようになることでしょう。

第1章で、「日本人は国を信じすぎている」と書きました。チャンスも条件もそろっているのに、日本人がなかなか海外に投資できないのは、その気質が大きな原因だと考えたからです。また、第2章で中国の歴史やチャイナマネーの成り立ちについて書いたのは、チャイナマネーの投資特性を理解する上で、やはり中国および中国人の歴史的背景への理解が必要だと考えたからです。
この章では、現在の中国人の投資気質から書きはじめましょう。

前述したとおり、中国人は、国を信じず、自分と自分のファミリーを非常に大事にします。国を信じていないので、ファミリーの中から海外に留学したり移住したりする人を出したいと思っています。そして、その移住したファミリーを拠点にネットワークを広げ、そこに投資することを好みます。

そして、自分たちの資産防衛のために、資産をいつでも海外に持ち出せるようにしています。チャンスが来れば、すぐに海外に投資する。中国人の中には、そのようなDNAとも言えるような気質があるわけです。つまり、キャピタルフライトというのは、中国人の血の中にすでに組み込まれた潜在的ニーズなのです。

第4章
第1回

第3章(全8回)
第2章(全18回)
第1章(全15回)

華僑・中国人の投資ノウハウTOPへ


金融株式投資情報TOP