華僑・中国人投資ノウハウ「チャイナマネーを追え!」【第4章】:第2回

第4章:チャイナマネーが次に狙う先はここだ!

第2回

■世界に広がる中国人ファミリーのネットワーク

国を信じず、教育熱心な中国人は、一族で協力し合って子弟を海外に留学させます。そこで子弟が仕事を始め、生活力をつけられるように、一族でサポートします。そうすることで、彼らは自分が暮らす国に何かが起きたとき、その子弟のもとに移住し、そこで生活できるよう、リスク分散しているわけです。中国人にとって、海外、不動産投資、留学、移住といったことは、すべて同じ直線上に並び、同じ価値を持つものなのです。

したがって、中国人にとって、投資の対象となりやすい国や地域は、何よりも「移住がしやすい場所」であることが重要になってきます。これは、中国人にとって、この上ない大きな魅力です。ある程度の投資条件をクリアすれば、永住できたり、マルチビザを手に入れることのできる移住プログラムを提供している国や地域は、中国人にとっては格好のターゲットになるのです。

ときには、ビザ欲しさに、中国人が不動産を買いまくる結果、市場が予想外に押し上げられてしまい、実需で購入したい地元の人が買えなくなるという副作用も出てしまうほど、チャイナマネーのパワーは凄いものがあるのです。

世界中に出て行くチャイナマネーの勢いにうまく乗ることができれば、日本人も大きな投資リターンをあげることができるでしょう。また、私が前章で提案したように、日本政府も投資移民プログラムを用意して、チャイナマネーを積極的に受け入れれば、そのパワーは日本経済全体にもいい影響を与えるでしょう。

しかし、中国人がいくら国を信じていないとはいえ、これだけの執念で海外に移住し、ビザを持つことに執着する気持ちは、日本人には理解しづらいことかもしれません。なぜなら、日本人は、世界でも稀な、いつでもどこにでも移動できる万能パスポートを持った幸福な国民だからです。

海外に自由に行くことができない中国人が、どれだけ悔しい思いをしてきたのか。海外に移住できる立場を必死で手に入れようとしてきたのか。まずはこのような事情を少しでも理解できれば、チャイナマネーの流れに乗って、どこの国や地域へ投資すべきかも見えてくるでしょう。

第4章
第2回
第1回

第3章(全8回)
第2章(全18回)
第1章(全15回)

華僑・中国人の投資ノウハウTOPへ


金融株式投資情報TOP