華僑・中国人投資ノウハウ「チャイナマネーを追え!」【第4章】:第17回

第4章:チャイナマネーが次に狙う先はここだ!

第17回

■マレーシア不動産投資Q&AA

Q6:ローンを繰り上げ返済した場合、手数料(違約料)は発生しますか?

A6:銀行ごとにルールが異なりますが、多くの場合、繰り上げ部分返済に関しては、手数料は発生しません。一定期間内のローン枠の解消(たとえば、3年以内に物件を売却してローン枠を終了する場合)には、貸付枠金額の3%の手数料(違約料)が発生します。

Q7:物件購入後、賃貸に出すことは可能ですか?

A7:可能です。日本に居住する投資家が住宅を購入し、賃貸に出す場合、テナント付けや賃貸借手続き、維持管理(定期的な掃除や見回り)などを別途委託する必要があります。

Q8:テナントを付ける場合、家具を用意する必要はありますか?

A8:家具なしでも賃貸することは可能ですが、外国人に貸し出す場合、テナントを見つけるのが困難になる可能性があります。

Q9:貸借契約期間と賃貸にかかる諸経費を教えてください

A9:賃貸借契約は、通常1年間です。賃貸にかかる諸経費としては、不動産仲介企業に対する手数料が必要となります。手数料は、企業によって異なります。また、賃料の受け取りや送金などの手続きに関しては、自身でおこなわない場合、プロパティマネジメント企業を利用することになります。また、一般的に、保証金(敷金)としてテナントから賃料の2カ月分を徴収します。退去時に返金する必要があります。

(注)以上は当コンテンツ執筆時点の情報であり、今後予告なく変更される場合があります。

第4章
第17回
第16回
第15回
第14回
第13回
第12回
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回

第3章(全8回)
第2章(全18回)
第1章(全15回)

華僑・中国人の投資ノウハウTOPへ


金融株式投資情報TOP