Weekly Report:17/09/24

<先週のマーケット

9月18日-22日

日経平均株価

始値:20,128.18
高値:20,481.27
安値:20,122.00
終値:20,296.45
出来高:16-20億株
売買代金:2.5-3.1兆円

日経先物(night):20,200

先週の株式市場は、株高や円安進行、衆議院解散観測を追い風に、上昇しました。日経平均株価は、年初来高値を更新し、週を通じて+386.95円(+1.94%)2週続伸となりました。

<週末海外市場動向>

NYダウ:22,349.59(-9.64)


NASDAQ:6,426.92(+4.22)


US$/:111.96


CME日経先物:20,195

<今週の相場展開>

今週のマーケットは、北朝鮮情勢を睨みながら、短期的な過熱感が警戒されスピード調整となるでしょう。解散総選挙を控え、政策期待が高まる相場展開が期待されます。週末の海外株式市場は、関係の緊迫化を警戒し、NYダウは、小幅ながら続落し、NASDAQは、反発となりました。CME日経先物は、20,195円で引けました。週明けの東京市場は、弱気のスタートが予想されます。

新興市場は、日経平均株価の上昇に比べ、出遅れ感が意識され、しっかりした展開が続いています。IPOマーケットは、9/22(金)にマザーズ上場したPKSHA Technology(3993)が、公開価格の約2.3倍の初値を記録しました。今週は、フィンテックベンチャーとして注目のマネーフォワードをはじめ、5社が上場予定です。
金融株式投資情報TOP