Weekly Report:18/03/25

<先週のマーケット

3月19日-23日

日経平均株価

始値:21,537.90
高値:21,659.04
安値:20,559.61
終値:20,617.86
出来高:11-19億株
売買代金:2.1-3.6兆円

日経先物(night):21,140

先週の株式市場は、森友学園問題をめぐって安倍内閣の支持率が急低下したことに加え、週末にかけ、貿易戦争への警戒売りが殺到し、急落しました。日経平均株価は、約5か月半ぶりの安値水準に下落し、週を通じて-1,058.65円(-4.88%)3週ぶりに反落となりました。

<週末海外市場動向>

NYダウ:23,533.20(-424.69)


NASDAQ:6,992.66(-174.01)


US$/:104.72


CME日経先物:20,155

<今週の相場展開>

今週のマーケットは、貿易戦争への進展が懸念されるうえ、国内では森友問題が重荷となることから、警戒感が強まるでしょう。なお、3/27(火)は、3月期決算権利付き最終日です。週末の海外株式市場は、貿易摩擦の激化懸念が強まり、NYダウNASDAQともに続落となりました。CME日経先物は、21,155円で引けました。週明けの東京市場は、弱気のスタートが予想されます。

新興市場は、東京市場の先行き不安感の強まりを受け、リスク回避の動きが広まっています。IPOマーケットは、先週に続き今週も5銘柄が新規上場を予定しています。なかでも3/27(火)マザーズ上場予定のRPAホールディングス(6572)は、人気が高く注目です。
金融株式投資情報TOP