Weekly Report:18/04/01

<先週のマーケット

3月26日-30日

日経平均株価

始値:20,423.37
高値:21,512.80
安値:20,347.49
終値:21,454.30
出来高:11-16億株
売買代金:2.1-3.2兆円

日経先物(night):21,460

先週の株式市場は、貿易摩擦や朝鮮半島情勢への過度な警戒感が和らぎ、上昇しました。日経平均株価は、週を通じて+836.44円(+4.06%)2週ぶりに反発となりました。なお、月間では、2か月続落、昨年度末に対しては、+2,545.04円(+13.46%)の上昇となりました。

<週末海外市場動向>

NYダウ:24,103.11(休場)


NASDAQ:7,063.44(休場)


US$/:106.26


CME日経先物:21,480

<今週の相場展開>

今週のマーケットは、名実ともに新年度相場がスタート。政治と地政学をめぐる不透明感が後退し、買い安心感が広がるでしょう。週末の海外株式市場は、Good Fridayの祝日のため、市場ともに休場でした。週明けの東京市場は、様子見スタートが予想されます。

新興市場は、日経平均の上昇や直近IPOの活況とともに投資家心理が改善しています。IPOマーケットは、先週上場の5銘柄は、初値持ち越しを含め、すべて公開価格の2倍を超える初値を記録しました。今週は、ブティックス(9272)、ビープラッツ(4381)の2社がともにマザーズ上場します。
金融株式投資情報TOP