Morning Report:18/06/13

<前日株式市場>

日経平均株価
始値:22,977.22
高値:23,011.57
安値:22,797.73
終値:22,878.35(+74.31)
出来高:12億株
売買代金:2.3兆円

日経先物(night):22,800

昨日の東京株式市場は、欧米株高と円安を好感し寄付きから買われましたが、米朝首脳会談の動向をにらみ、上下する展開に。引け前に両首脳が合意文書に署名したことが伝わり、買い優勢で引けました。日経平均株価は、一時23,000円の大台を回復し、2日続伸となりました。ナイトセッションの日経先物は、反落しました。

<金利/為替>

米10年国債:2.960(+0.010)
日10年国債:0.050(+0.010)
日米金利差:2.910(+0.000)
$/円:110.42


昨日の海外市場の円相場は、史上初の米朝首脳会談を受けた$買い・円売りの動きが一巡し、米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を翌日に控えて、様子見姿勢が広がりました。今朝の外為市場は、110円台半ばで推移しています。

<海外株式指標>

NYDOW:25,320.73(-1.58)


NASDAQ:7,703.79(+43.86)


CME日経先物:22,845

昨日のNY株式市場は、米朝首脳会談で両国首脳が共同声明に署名したことが一定の評価を受け、買いが先行しましたが、明日のFOMC結果を見極めたいとの思惑から様子見ムードが広がり、終日揉み合う展開でした。NYダウは、ほぼ変わらずながら5日ぶりに反落し、NASDAQは、最高値を更新し3日続伸となりました。今朝のCME日経先物は、22,800円台半ばで推移しています。東京市場は、やや弱気のスタートが予想されます。
金融株式投資情報TOP