Morning Report:18/06/14

<前日株式市場>

日経平均株価
始値:22,896.17
高値:22,993.26
安値:22,895.31
終値:22,966.38(+88.03)
出来高:11億株
売買代金:2.2兆円

日経先物(night):22,790

昨日の東京株式市場は、米朝首脳会談に関しては、今後の具体策に欠ける部分もあり、反応は限定的でしたが、円安進行を追い風に、改めて買いの勢いが強まりました。日経平均株価は、3日続伸となりました。ナイトセッションの日経先物は、反落しました。

<金利/為替>

米10年国債:2.960(+0.000)
日10年国債:0.050(取引なし)
日米金利差:2.910(+0.000)
$/円:110.21


昨日の海外市場の円相場は、米5月生産者物価指数(PPI)が予想以上に上昇したことに加え、米連邦準備制度理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)で市場の予想通り追加利上げに踏み切ったほか、本年の金利予測の中間値が3回から4回に引き上げられ、利上げペース加速が示唆されたため$買いが加速しました。今朝の外為市場は、110円台前半で推移しています。

<海外株式指標>

NYDOW:25,201.20(-119.53)


NASDAQ:7,695.69(-8.09)


CME日経先物:22,785

昨日のNY株式市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)で0.25%の利上げを行ったほか、年内あと2回、合計4回の利上げを行うことが示唆されたことや米中の貿易摩擦への懸念が高まったことを嫌気し、下落しました。NYダウは、2日続落し、NASDAQは、4日ぶりに反落となりました。今朝のCME日経先物は、22,700円台後半で推移しています。東京市場は、弱気のスタートが予想されます。
金融株式投資情報TOP