Morning Report:18/07/03

<前日株式市場>

日経平均株価
始値:22,233.80
高値:22,312.25
安値:21,784.48
終値:21,811.93(-492.58)
出来高:13億株
売買代金:2.2兆円

日経先物(night):21,850

昨日の東京株式市場は、前場は円安を好感して底堅く推移しましたが、後場に入ると地合いが急速に悪化して下げ幅を拡大し、見切り売りが下げを加速しました。日経平均株価は、節目の22,000円をあっさり割り込み、一時500円超の下げ幅を記録。2日ぶりに大幅反落となりました。ナイトセッションの日経先物は、反発しました。

<金利/為替>

米10年国債:2.870(+0.010)
日10年国債:0.020(-0.010)
日米金利差:2.850(+0.020)
$/円:110.84


昨日の海外市場の円相場は、貿易摩擦の深刻化への懸念にリスク回避の$売り・円買いが優勢になったのち、米6月ISM製造業景況指数が予想外に改善を見せたほか、トランプ米大統領が「いくつかの公正な貿易協定の合意が非常に近い」と述べたため、懸念が緩和し、$買い・円売りが再燃しました。今朝の外為市場は、110円台後半で推移しています。

<海外株式指標>

NYDOW:24,307.18(+35.77)


NASDAQ:7,567.68(+57.38)


CME日経先物:21,855

昨日のNY株式市場は、6月ISM製造業景況指数が予想を上振れたほか、ハイテク株が選好され、上昇しました。NYダウは、NASDAQとともに3日続伸となりました。今朝のCME日経先物は、21,800円台半ばで推移しています。東京市場は、やや強気のスタートが予想されます。
金融株式投資情報TOP