Morning Report:19/02/04

<前日株式市場>

日経平均株価
始値:20,797.03
高値:20,929.63
安値:20,741.98
終値:20,788.39(+14.90)
出来高:14億株
売買代金:2.4兆円

日経先物(night):20,770

金曜日の東京株式市場は、序盤は小幅高スタートから一気に上げ幅を広げましたが、上値が重くなると急失速し、米雇用統計を前に様子見姿勢から、こう着感が強まりました。日経平均株価は、小幅ながら2日続伸となりました。ナイトセッションの日経先物は、ほぼ変わらずでした。

<金利/為替>

米10年国債:+2.680(+0.050)
日10年国債:-0.025(-0.025)
日米金利差:+2.705(+0.075)
$/円:109.53


週末の海外市場の円相場は、米1月雇用統計で非農業部門雇用者数が予想のほぼ2倍増えたことや米1月ISM製造業景況指数、米1月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値が予想を上回ったため米国経済への見通しが改善し、$買いやリスク選好の円売りが強まりました。今朝の外為市場は、109円台半ばで推移しています。

<海外株式指標>

NYDOW:25,063.89(+64.22)


NASDAQ:7,263.86(-17.86)


CME日経先物:20,780

週末のNY株式市場は、雇用統計など堅調な経済指標や好調な決算発表を好感し、上昇しましたが、前日引け後に発表したアマゾン(AMZN)の決算を嫌気し、ハイテク株は売られました。NYダウは、2日ぶりに反発し、NASDAQは、3日ぶりに反落となりました。今朝のCME日経先物は、20,700円台後半で推移しています。東京市場は、売り買い交錯のスタートとなるでしょう。
金融株式投資情報TOP