オプション

今週の市場スケジュール☆

オプション取引(略してオプションとも呼ばれる)とは、デリバティブの一種であり、ある原資産について、あらかじめ決められた将来の一定の日又は期間において、一定のレート又は価格(行使レート、行使価格)で取引する権利を売買する取引である。選択権取引。

オプションとはある目的物(原資産という)を、一定期間後の特定日(清算日)か、あるいは種類によってはそれ以前で条件が満たされた時点で権利を行使し、特定の価格で買い付ける(又は売り付ける)ことのできる権利をいう。原資産を買う権利についてのオプションを「コール」、売る権利についてのオプションを「プット」と呼ぶ。原資産が株式であれば株式オプション、金利であれば金利オプション、通貨であれば通貨オプションという。

オプション取引とは、このオプションという権利を売り・買いする取引のことを指す。オプションを取得する買手はオプション料(プレミアム)をオプションの設定者(売手)に支払い権利を収得する。この場合、利益は無制限に発生する可能性がある一方、リスク(損失)は常に支払うオプション料に限定されている。オプションを設定する売手は取引所が指定する一定量額(証拠金)を差し入れオプションを設定し、これを販売することでオプション料(プレミアム)を買手からあらかじめ受け取る。売り手は約定時点でプレミアムを受け取ることができ利益はこの受け取ったオプション料(プレミアム)に限定される。一方リスク(損失)は無制限に発生する可能性(危険性)があり、原資産の市場価格が差し入れた証拠金の額を超えた時点で追加証拠金の積み増し(追い証)か強制決済が求められることになる。契約としては権利行使価格を設定した保証契約であり、保証契約締結のための合意価格がオプション料(プレミアム)となる。

契約の形態から、オプションの買い手が一方的に有利で売り手は一方的にリスクを引き受けているかのように見えるが、実際には価格変動のリスクに見合うプレミアム価格で売買されることから必ずしも一方が有利というわけではなく、原資産の価格変動が極端に流れない相場環境ではオプションの売り手側のほうが有利な場合が多い。取引所で設定されたオプションの買い手は購入したオプションを転売することが可能であり、オプションを設定した売り手についても市場で同条件のオプションを買い戻すことで自己のポジションを解消することも可能である。

出展:Wikipedia

先週/今週のマーケットと相場展開☆


金融株式投資情報TOP