中国

今週の市場スケジュール☆

中国(ちゅうごく)とは、今日中華人民共和国および中華民国が存在する地域の名称、もしくは両国そのものに対する略称である。

本項目では、「中国」という語の意味の変遷と、今日「中国」と呼ばれている地域の呼称の変遷の両面について述べる。中華人民共和国および中華民国の地理、歴史、社会等についてはそれぞれの項目を参照のこと。

今日、「中国」という語は、地理的にはアジア大陸の東部に広がる地域、亜大陸とそれに付随する島嶼を指す。また、その地域に紀元前から継続する文明の総体をも指して使用されている。この地域は様々な民族が入り混じっており、現在中国の中心となっている漢民族をはじめとして、一時全土を支配していたモンゴルなど、様々な民族による異なる王朝が出現、滅亡、戦乱を繰り返してきた。なお「中原」とは、黄河文明の発祥地である黄河中下流域にある平原のことである。

「中国」という語の本来の意味は、中華思想に基づく「国の中心」「世界の中心」を意味する空間的概念を基礎とする自称である。従って特定の地域を指す用語ではなく、ベトナムでは阮朝が自国を中国(チュンコック)と呼び、日本でも自国に対して葦原中国(あしはらのなかつくに)あるいは中国(なかつくに)という美称を用いた。今日「中国」と呼ばれる地域では、19世紀半ばの清から自称として広く用いられようになり、次第に固有名詞としての性格を濃くしていった。現在ではその地域、文明、民族を広く指す用語として用いられ、またそこで成立した中華民国、中華人民共和国に対する略称としても用いられる。

出展:Wikipedia

本当に役に立つ投資テクニックを紹介☆


金融株式投資情報TOP